一般的に考えられているお祓いと供養との違い

【妙慎からのお知らせ】

お彼岸供養のお申込み受付中!本日締め切りです。
 お席が残り少ないですから、ご希望の方はお急ぎ下さいね。
 また、すでにお申込みいただきました皆様、
 ありがとうございました。
 ご供養終了後に、ご供養中の様子など
 ご報告メールを送らせていただきますので
 よろしくお願いいたします。
 
●スパムメール対策とメール未着防止のため、
 連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
 今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
 妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
 フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
 携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、こちらからお願いいたします。

妙慎法談9月号をお送りいたしました。
 まだ届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが
 
こちらからご連絡いただきますようお願いいたします。

●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

ドラえもんの中国語バージョンを見てみたら、
ドラえもんが早口でしゃべっていたのでびっくり!

その上、他の登場人物もみんな
早口でしゃべっていて、
かろうじてゆっくりなのはジャイアンだけ。

でもジャイアンの声は低くい上にこもった感じなので、
何を言っているのか聞き取りにくい・・・・。

私のもっていたドラえもんのイメージが
完全に書きかえられた気がします。(ーー;)

恐るべし中国ってことで、今日のお話です。


たとえば・・・

あなたが土地を持っていたとします。

そこは今は空き地にしてあるので
ときどきあなたは様子を見に行っていました。

ある日のこと、あなたが土地の様子を見にいくと
家がなく、行くあてもない人達があなたの所有する土地で
勝手に生活しているではありませんか!

あなたはその人達に、ここは私の土地だから
すぐに出て行くように言いました。

しかし、その人達は他に行くところがないので
そこに居座ろうとします。

しかたなくあなたは、警察を呼んで事情を話、
退去してもらうよう再度説得しますが
相変わらず聞き入れてくれません。

困ったあなたは、次の2つのパターンのうち
どちらか一方を選びました。

さてあなたはどちらを選びますか?

※Aパターン
度々説得しても応じてくれないため
あなたはしかたなく法的手段をもって強制的に退去させました。

※Bパターン
話を聞いてみると、仕事がなく、
行くところもなくて困っているとのこと。

そこであなたは、面倒だとわかりつつも
その人達を不憫に思い、
警察や専門機関と相談した上で、
移転先を見つけ、そちらへ移り住み
生活できるように道をつくってあげました。


上記、どちらかのパターンを選んでいただけましたか?

では、あなたのとった行動のあと
どうなったか続きを見てみましょう。。

※Aパターン
追い出された人達は、
あなたに逆恨みをして、その土地の近隣に居座り、
いつまでもあなたの土地から離れていこうとしません。

ずっとあなたの土地ばかり見ています。
また、時折あなたの目を盗んで、住みつこうとしてきます。

あなたはその土地の番をするわけにはいかず
しかたなく見張り役をおくことにしました。

※Bパターン
困っていた人達は、あなたにお礼をいって
気分良く退去してくれ、一件落着しました。

お話はここまでです。

この話の内容は、ちょっと飛躍しすぎているのですが
そこはツッコまないでください。

さてあなたはAパターン
またはBパターンのどちらを選択したでしょうか?

この2つのパターンしかないとすると
ほとんどの方がBパターンを選択したのではないでしょうか?

Aパターンの場合、逆恨みされた上に、
今後は嫌がらせをされることも考えられますよね?

Bパターンの場合は、ちょっと面倒かもしれませんが
結果的にあなたが人助けしたことになって
相手も喜んであなたに感謝してくれました。

このお話、実は“世間一般的に考えられている単なるお祓い”というものと、
“供養”との違いをお話したくて考えたものです。

違いをわかりやすくお話したかったので
極端なたとえ話になってしまったのですが、
そこのところはご了承くださいね。

で、
Aパターンのポイントとなる部分は、
その場から無理やり追い出すということと、
その為に逆恨みや嫌がらせのような行動が起こるかも?という点です。

Bパターンのポイントとなる部分は、
行くべき場所に行けるよう、手助けしてあげるという点と
喜んで退去してくれたという点です。

Aパターンは、世間一般的に考えられている単なる“お祓い”を示し、
Bパターンは“供養”というものを示しています。

私が霊的な作用を受けている人や家に
“お祓い”をおすすめしないで
御祈祷をおすすめするのは、
“供養”をしてほしいからなのです。
(供養のための御祈祷という意味です)


世間一般的に考えられている単なる“お祓い”というものは、
この場(人)から悪いものを離すこと、
すなわち嫌なものは排除する・・という考えがあると思います。

しかし、それではその場(人)から離れても
また本人に戻ってしまうか、他の人についてしまうかもしれません。

また霊的な存在であれば、逆恨みされる可能性大です。

ですから、世間一般的に考えられている単なる“お祓い”というものは
おすすめしないようにしています。

自他共に救われる・・と考え、
行くべき場所がない人達を、行くべき場所に送りだしてあげるほうが
自分は徳積みになりますし、相手は喜んでくれますから
両方にとってプラスになりますよね。


もしあなたが今後何かあって
「お祓いを受けようかな?」と思うようなことがありましたら、
まずは御祈祷で供養(寺院)をしてみて、
それでもだめなら“お祓い”を(神社等)という
順序で行うのが良いと、覚えておいてください。

その際、御祈祷にもいろいろと種類がありますので
念の為に受けられる前に“今から受ける御祈祷は、
供養になるかどうか”を確認してみてください。

(“供養”というものは、基本的に仏教にしかありませんから、
 御祈祷を受ける場合は神社ではなくお寺になります)

私が知る限りでは、日蓮宗の寺院で行われている御祈祷は、
“法華経を用いた供養”になるはずですから良いと思います。

ちなみに私の場合は、
一般的な霊障を除霊する程度であれば、
ご相談者と鑑定中にお話しながらすすめますので
よほどでない限り、御祈祷をおすすめすることはありません。


今日は世間一般的に考えられている単なる“お祓い”と
“供養”の違い、また、なぜ私が“お祓い”ではなく
“御祈祷(供養)”をおすすめするのかというお話をさせていただきました。

何となくご理解いただけましたでしょうか?

ついでに・・・
心の持ち方はあくまでも
“自他共に救われる道を選択する”という考え方の基本も
忘れないでくださいね。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

みなさま季節柄、ご自愛くださいね。

し〜ゆ〜


※お帰りの際、ポチッとしていただけると助かります。
    ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

【妙慎のつぶやき】

 今日のお話は私が昔、ご祭神様から教わったことです。

 私が霊障にかかって苦しんでいるとき、
 悪いものを排除しようとする気持ちがあるうちは
 その苦しみから離れられない・・と言われました。
 (自他共に救われる道を・・と考えていなかったのです)

 また私が御祈祷をさせていただくときにも
 障りを起こしている相手をやっつけようとする心では
 意味がないことを教えられました。

 私のような仕事をしているわけでもないのに
 霊的な障りをうけやすい方は、
 昔の私と似た心得違いがあるのかもしれませんね・・。

 それから、話は変わりますが
 もし早口なドラえもんを見てみたい方がいらっしゃいましたら、
 YouTubeで↓下記の「」内をコピペして検索してみて下さい。
 「哆啦A夢_奇幻眼鏡rm.rmvb」

 私の見たものとは違うのですが、早口なのはわかると思います。(笑)
 ちなみに中国語でドラえもんは、「多啦A夢」と書きます。ぷぷぷ


 ▼こっちもよろしく!Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  引き続きピグ友募集中!ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。
  「運命館〜階〜ブログみてます」って添えてくれると嬉しいです。

 ▼Twitter(ツイッター)やってます〜。
  参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
  気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  何て話かけたらいいの?って思われた方は
  「ブログ見てますよ〜」と一言でも大歓迎!

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM