ペットが亡くなったときに関するご質問の回答

ペットが亡くなったときに関するご質問を
何人もの方から頂戴しているのですが、
他の方にも参考にしていただきたいと思いますので、
こちらで回答させていただくことにしました。

Q&A形式でご紹介すると長くなってしまうため、
回答のみを箇条書きにさせていただきますね。

但し、ここでお話していない内容については
ケースバイケースですので、
もっと具体的にお知りになりたい場合は
個別に鑑定のご依頼としてお申し出くださいますよう
お願いいたします。


・犬、猫などペットが亡くなったときは
 最近では葬儀をして埋葬するケースが多いですが
 それで問題ありません。

・葬儀や法事等については、
 行ってあげたいと思う方は行ってあげると良いでしょう。

・人間と違って葬儀や法事をしないと
 ペットの魂が迷うことになったり、
 行くべき世界へ行けないというわけではありません。
 動物達の世界では人間と違い仲間が亡くなっても
 葬儀や法事をしません。
 なので、手を合わせる程度でも問題ありません。

・ペットのお墓がないと
 行くべき世界へ行けないということはありません。
 お墓があればそれはそれで良いのですが、
 無くても飼い主さんが手を合わせて
 あげれば問題ないかと思います。

・あの世にはペットにもそれぞれ行くべき世界があるのですが
 急いでそちらの世界へ送り出す必要はありません。
 自らの意志で向かうのが自然だからです。

・犬、猫など哺乳類系のペットの場合、
 亡くなった後も魂が飼い主さんのところに
 しばらくの間とどまることがありますが
 それも問題ありません。

 障りを起こそうなど悪意があるわけではなく、
 ただ生前と同じようにそばにいたいだけですので
 ペットの気が済むまでそのままにしてあげるのが
 良いかと思います。


・私の経験からお話すると、ペットとの別れが辛く
 泣いて暮らしてばかりいると
 ペットは自分がご主人を悲しませたり、
 苦しめていると思うことがあるようです。

 なので亡くなってしばらくは寂しいし、お辛いかも
 知れませんが、あまり長く悲しまないように
 してあげた方が良いかと思います。

ちなみに私の場合、キティーは
遺体のまま埋葬する場所がなかったため
火葬しましたが、葬儀らしい葬儀や法事は行っていません。

葬儀の変わりに火葬する直前に、遺体の前に線香を立てて
手を合わせ、軽く「自我偈」を一巻唱えただけです。
※自我偈がわからない方は般若心経を一回唱えた程度だと
イメージしてください。

遺骨は埋葬しましたが、お墓は建てていません。

その後は部屋には写真を1つ飾り
そこに手を合わせるくらいです。

読経はしませんし、
お仏壇のようなものに祭ることもしていません。

命日にはその写真の前に好物のカツオやお花を
お供えしていますが
それ以外ではお水や好きだった牛乳を供える程度です。

お水や牛乳、カツオ、お花を供えるのは
あくまでも私の気持ちであって
これがないからキティーが行くべき世界へ行けない等
あの世で困ることになるわけではありません。


ここまでのお話で何となくおわかりいただけるかと思いますが、
亡くなったペットについては、
どうすることが「自然であるか」ということを基準に
考えていただくのが無難なのではないかと思います。

自然界の動物達の様子を思い出していただければ
おわかりいただけるのではないでしょうか?

ただ気持ちとして「してあげたい」と思うことがあれば
してあげる・・・といった感じで良いかと思います。

私もキティーは我が子だと思って十数年間、
共に暮らしてきましたが、
キティーは猫なので人間と同じ扱いはしていません。

私はそれが動物にとって「自然」であると
考えているからです。


ここでご紹介していないお話については
冒頭でも申し上げました通り
ケースバイケースですので個別に鑑定のご依頼と
いう形でお申し出いただければと思います。


あと稀なケースですが、
ペットの魂が何年も飼い主さんから離れない、
ペットの魂が側にいるために霊的な障りが出る・・
などということがあります。

また葬儀も埋葬も済んだけれど
もう少し供養らしいことをしてあげたい・・という
気持ちになる方もおられるかもしれません。

上記のような場合は、
ペットの魂を供養してあげることも可能です。

但し、供養方法は人が亡くなったときとは違いますし、
ペットの魂の状態によっても変わってくるため、
鑑定のご依頼という形でご相談いただければと思います。

それでは今日のお話はここまでです。

皆様、季節柄ご自愛くださいね。

し〜ゆ〜
 
※ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
・・・人気blogランキング

【妙慎のつぶやき】も合わせてご覧くださいね。
もう少し↓↓へスクロール♪
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー
【妙慎からのお知らせ】

●妙慎法談〜きざはし〜ご購読者の皆様へ
9月号を1日にお送りいたしました。
もしまだ届いていない・・という方がおられましたら
お手数ですがこちらよりご連絡下さいますようお願いいたします。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──
【妙慎のつぶやき】

お伝えし忘れましたが・・

地方にお住まいの方や山間部にお住まいの方は、
自宅の敷地や山、畑の隅などに
ペットの遺骨や遺体を埋葬されることがあるかと思います。

その場合、他の動物達に掘り返されることがあるようですので
埋めたところに適当な大きさの石を置くなど
対策しておくことをおすすめいたします。

※お彼岸供養の詳細・お申込みはこちらでご案内しています。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──
▼あなたのワンクリック“ポチッ”とのお陰で、
このブログとご縁ができて悩みのヒントを見つけられた方、
悩みや問題が解決できた方、
ご先祖様を大切にしようと思うようになってくれた方、
神仏に対する心得違いに気がついてくれた方、
心が楽になった方etc・・増えています。
ブログランキングをポチッとクリックしてくださっている皆様
あなたのワンクリックのお陰で嬉しいお声が寄せられています。
本当にありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
・・→ 人気blogランキング
↑↑ クリック後に表示される画面にある「運命館〜階〜」を
クリックしてこのブログに戻ってきていただくと
更にポイントがアップしますので、往復していただけると嬉しいです!!

▼このブログではお話できない詳しい内容については、
妙慎法談〜きざはし〜でご紹介させていただいております。
・ご神仏様、ご先祖様をはじめ見えない世界との関わりかた
・運勢アップのポイント ・心の学び
・人生をよりよくするための思考法etc
もっと詳しく知りたい方は、妙慎法談〜きざはし〜へお申し込み下さい。

▼スパムメール対策とメール未着防止のため、
連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
携帯電話用フォームはこちら
 
▼個人的なお悩み等でのご相談につきましては
鑑定のご依頼という形でお願いいたします。
妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご希望の方は
こちらから受付しておりますのでよろしくお願い致します。

▼このブログ内でこれまで紹介したグッズはこちらお求めいただけます。
運命館〜きざはし〜shop

▼妙慎のFacebookはこちらです。
お暇なときに覗いてみてください。
Facebookをご利用の皆様、
各記事の最後↓↓に「いいね!」ボタンがありますので
よろしければクリックしていただけると嬉しいです。

Twitter(ツイッター) あまりつぶやいていませんが・・・
参加されている方、気軽に話かけてくれると嬉しいです。

▼旅ブログ「Myoshin-TABIblog
修行で訪れた地をチラッとご紹介しています。
最近、更新していないのですがお暇なときに覗いてみてください。
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─ 
▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』は、
こちらからご覧いただけます。

(峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
表示されます。これが物語のはじまりです。

以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
ご覧ください。

▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 

衝動買いを減らす術

【妙慎からのお知らせ】

妙慎法談〜きざはし〜ご購読者の皆様へ
 2月号を1日にお送りいたしました。
 もしまだ届いていない方がおられましたら
 お手数ですが下記よりご連絡下さいますよう
 お願いいたします。
 ※PCの方はこちらから
 ※携帯の方はこちらから

 
●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 
人気blogランキング

 ↑↑ クリック後に表示される画面にある「運命館〜階〜」を
    クリックしてこのブログに戻ってきてね。
  

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─
たとえば、買い物をしていて「これ欲しい!」と思って
つい後先考えずに買っちゃったことってありませんか?

男性はどうだかわかりませんが、
女性は結構多いような気がします。。

そんなとき、下記のお話に出てくる
(1)〜(7)を試してみると
衝動買いが減らせるかもしれません・・。

7つも項目があるのですが、
「欲しい!」と思って買ってしまいそうになったとき、
どれか一つでも試してみてください。

実はつい先日、私はある物を買うか、買わないかで
迷ったのですが、その時の心の様子を例にしました。

このブログを以前からご覧いただいている方は
私が些細なことでグズグズ迷う人だなんて
想像できないかもしれませんが、
私って迷い出したら、かなりグズグズするんです。

わざと遠回りしてはっきりさせない状態を
楽しんでいるという感じですが・・。

お話のあとで(1)〜(7)の解説をしてありますので、
確認してください。

今日はサーッと読めると思いますが、
いつもよりちょっと長文なので、
時間のない方は、後程読んでいただければと思います。

それでは、今日のお話にまいりましょ〜う〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ある物を見つけた私)

あっ!これ、めっちゃ欲しいな〜。。

今すぐ買えるお金はあるものの、
貯金すると決めたところだから使いたくないな〜・・

これすごく欲しいんだけど、
「迷うときは辞める!」これが私の基本的なルールだから、
もうしばらく辛抱しようっと。。


それからニ週間後・・・ (1)


やっぱりこれ欲しいな〜。。

前から欲しかったんだよな〜。。

でも貯金すると決めたとこだし、
やっぱ今はお金使いたくないな〜。。

そうだ!
安く買えないか調べてみよう!(2)

(ネットで検索して最安値店をみつける・中古品をみつける)

最安値店でもこの値段か・・・ ←お得感なし
中古品でもこの値段か・・・・ ←お得感なし

ん〜〜。。困ったな〜〜。。

欲しいという気持ちと
貯金するという気持ちがケンカしてるよ〜。

どうしよう?

そうそう、買わなかったらどうなのか?

買ったらどうなのか?をイメージしてみよう。 (3)

えっと・・・

買わなかったら・・・

今と何も変わらない。(-_-;)

もし買ったら・・・・

こんな時にこんな風に使えるな〜。。

めちゃくちゃ便利だよな〜。!(^^)!

でも今の私にとっては
そんなに重要じゃないな〜。。(-_-;)

やっぱ自分には必要ないものなのかな?

あったらあったで便利だけど、
無くても今と変わらないだけだし・・。

そうそう!使っている人にも意見を聴いてみよう! (4)

(何人かに意見を聴いてみたら、全員買って良かったとの声)

やっぱそうだよな〜。。
あると便利なんだよな〜。。
あ〜〜迷う・・・。

そうそう!お金を使わずに手に入れる方法があったな〜・・(5)

懸賞に応募してみよう!

(みごとに外れる) (-_-;)

縁がないってことか、必要ないってことかな?

とりあえず、友人・知人に言っておくことにしよう。 (6)

もしかすると、いらなくなった人が譲ってくれるかもしれない!

(こんな便利なもの誰がタダでくれるねん!
 さっさと買えばいいやん!) ←スタッフのやまさんの声

ごもっともです・・・。(-_-;) 

やっぱそうだな〜。
さすがにこれいらないって人はいないよな〜。。

でも念のためみんなに声をかけておこうっと。

いらなくなって処分に困る人がいるかもしれないから・・・。

あっ!そうそう。

これがあるとこんな風に便利になるから、
その分時間が節約できるな〜。
その節約した時間で何ができるかを考えてみよう! (7)

・・・・考え中・・・・

(時間のムダだでしょ?いい加減ハッキリしなさい!) ←スタッフのやまさんの声

そうだよな〜〜。

よし!決めた!
これ買うのやめて、こっちを買うことにする!!(^^)!

(そっちかよ!違う方向行ってるやん!)←半分怒ったスタッフやまさんの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)は、本当に欲しいかどうか
考えるために期間をあけるということです。

7つの項目の中でここが一番重要で
このクセをつけることが
衝動買いを減らす一番の近道だと思います。

上のお話ではただ時間が流れたようにしてありますが、
この期間を(3)〜(6)にあてるといいですね。

考えたり、他の人の意見を聴いたり(4)すると
早いうちに結論が出せます。

余談ですが・・
私の場合、もし身近に自分の欲しい物を使っている人がいないときには
楽天のレビューを参考にすることが多いです。

その商品の良い点ばかりではなく、
結構シビアな意見もあるからです。

それから(7)は、それが自分にとってのご褒美だったり、
生活に必要なものならそう深く考える必要はありませんが、
そうではないとき、先にご褒美を受け取るかわりに
こんなことをがんばる!という風に考えてみるということです。

たとえば、pcを最新型に買い替えるかわりに
ブログを毎日更新する・・といったように
何かをがんばることを自分に約束します。

そうすれば自分の中に大義名分ができますから、
購入することへの罪悪感が減らせますし、
買ったあと約束を守れば
今よりがんばる自分にもなれます。

ただ(2)については、地域によって、
また人によって価値観が違うので、
あなたの価値観に合わせていただければと思います。

同じ物を買うとしても、
少しでも安く買うというのが基本的な価値観である人もいれば、
いやいや物は定価で買うのがいいんだと考える人も
いると思いますので、ご自分の価値観に合わせて下さい。

また新品か中古品かについても、
あなたの価値観で判断してください。

必ずしも新品がよくて中古品はダメということでもありませんし、
中古品がよくて新品がダメということでもありません。。

また(5)の懸賞に応募する・・というのは一つの案ですから
当然ながら無理にする必要はありません。

もし応募するのなら、
懸賞サイトの中には詐欺のようなサイトもありますし
個人情報保護のことも考え、
応募先を吟味するなど、自己責任で行ってください。

私は懸賞や抽選で欲しいものをゲットすることが
多々あるんですが、一応、応募する先は
吟味してから応募するようにしています。

長くなりましたが、参考になればうれしいです。

それでは、今日のところはこの辺で・・

寒いのでご自愛くださいね。

し〜ゆ〜


◆ポチッとクリックしていただけると助かります!
  ・・・→ 人気blogランキング
 
【妙慎のつぶやきは、↓↓へスクロール♪】
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

※このブログではお話できない詳しい内容については、
妙慎法談〜きざはし〜でご紹介させていただいております。

・ご神仏様、ご先祖様をはじめ見えない世界との関わりかた
・運勢アップのポイント
・心の学び
・人生をよりよくするための思考法etc
もっと詳しく知りたい方は、
妙慎法談〜きざはし〜へご参加下さい。

新規でご参加いただきました方には、
妙慎法談〜きざはし〜活用方法等について、
私が直接お話させていただくことも可能です。

ご希望の方は、お申込み時に「ガイダンス希望」と明記してください。
(必ずスカイプまたは電話のどちらかも合わせて明記して下さい)

また現在、ご購読いただいている方の中で
ガイダンスを希望される方がいらっしゃいましたら
下記よりその旨、ご連絡下さい。
(ガイダンスにかかるお時間は30分程度です)
 ※
PCの方はこちらから・・
 ※携帯の方はこちらから・・

ご都合のよい日時を第3希望くらいまで
明記していただけると助かります。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー
【妙慎のつぶやき】

 
 
 このブログでお話するのが大変遅くなってしまいましたが・・・

 
 実は「峰絵佳物語」に登場していた猫のキティーが
 昨年11月に他界いたしました。16歳でした。

 生前、このブログをご覧になった多くの方から、
 キティーへのメッセージやお手紙、ブレゼントなど
 
 お送りいただきました。

 キティーを可愛がってくださって
 本当にありがとうございました。

 
 キティーにかわって、心からお礼申し上げます。
 

 
 
 何だかしんみりしたお話をしましたが、
 
 キティーの修行が終わっためでたいことと思っていただけると
 ありがたいです。(^_^;)

 
 
 私はキティーがいなくなった生活に
 いまだに慣れないせいか、
 さみしさを感じるときもあるのですが、
 彼女にもらったたくさんの思い出を大切に
 がんばっていこうと思っています。

 そんなわけで、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 まだの方はポチッとクリックをよろしくお願いいたします〜!
  ・・→ 人気blogランキング 
 ↑↑ クリック後に表示される画面にある「運命館〜階〜」を
   クリックしていただくと、このブログに戻ってきます。

 ▼妙慎の
Facebookベージはこちらです。
  お暇なときに覗いてみてください。

  Facebookをご利用の皆様、
  各記事の最後↓↓に「いいね!」ボタンがありますので
  よろしければクリックしていただけると嬉しいです。

 ▼スパムメール対策とメール未着防止のため、
  
連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
  今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
  妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
  フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
  
携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、
こちらからお願いいたします。

 ▼旅ブログ
Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  妙慎ピグは、ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。

 ▼
Twitter(ツイッター)やってます〜。
   参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
   気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   
こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   
妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【
尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  
峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージは
こちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  
鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


目上の人だからといって人格者とは限らない・・というお話

【妙慎からのお知らせ】

妙慎法談〜きざはし〜ご購読者の皆様へ
 1月号を元旦にお送りいたしました。
 もしまだ届いていない方がおられましたら
 お手数ですが下記よりご連絡下さいますよう
 お願いいたします。
 ※PCの方はこちらから
 ※携帯の方はこちらから

 
●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 
人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─


お勤めをしている人なら、

たまに社長や上司の悪口を

いいたくなることがありますよね?


何でわかってくれないのだろう・・とか

なぜ評価してくれないのだろう・・とか

なぜこんな無理難題をいってくるのだろう・・とかetc

愚痴のひとつやふたつ、ついいいたくなることが

あっても不思議なことではありません。


ですから私は、愚痴をいうことを

どうこういうつもりはまったくありません。


ただ忘れてはいけないことがあります。


それは、いくら社長や上司といった

自分より目上の立場の人だからといっても

人格者(※)ではないことが多いという点です。

 ※すぐれた人柄、気品の高い人のこと


仕事ができるから、

自分より高給取りだから、

出世しているからといって

人間性がすばらしいとはいえないということなのです。


所詮、相手も人間ですから

長所、短所があるのは当然のことです。


そこのところをちゃんと理解しておくと

腹が立っても、相手を許す気持ちを

少しは持てるのではないかと思います。


同時に相手に余計な期待をせずに済みますから

裏切られた感も減らせることでしょう・・。


苛立ちや腹立たしさは心の毒ですから

社長や上司の愚痴や悪口を言うのもけっこうですが、

そんなときに、今日のお話を思い出してみてください。


ただ吐き出すより、こういう考え方もあるんだな〜と思えたら、

少しは冷静になって、

心を静めることができるのではないでしょうか?


それでは今日のところはこの辺で失礼いたします。


みなさま、風邪ひかないよう気を付けてくださいね。


し〜ゆ〜


◆ポチッとクリックしていただけると助かります!
  ・・・→ 人気blogランキング
 
【妙慎のつぶやきは、↓↓へスクロール♪】
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

※このブログではお話できない詳しい内容については、
妙慎法談〜きざはし〜でご紹介させていただいております。

・ご神仏様、ご先祖様をはじめ見えない世界との関わりかた
・運勢アップのポイント
・心の学び
・人生をよりよくするための思考法etc
もっと詳しく知りたい方は、
妙慎法談〜きざはし〜へご参加下さい。

新規でご参加いただきました方には、
妙慎法談〜きざはし〜活用方法等について、
私が直接お話させていただくことも可能です。

ご希望の方は、お申込み時に「ガイダンス希望」と明記してください。
(必ずスカイプまたは電話のどちらかも合わせて明記して下さい)

また現在、ご購読いただいている方の中で
ガイダンスを希望される方がいらっしゃいましたら
下記よりその旨、ご連絡下さい。
(ガイダンスにかかるお時間は30分程度です)
 ※
PCの方はこちらから・・
 ※携帯の方はこちらから・・

ご都合のよい日時を第3希望くらいまで
明記していただけると助かります。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー
【妙慎のつぶやき】

 それにしても寒いね・・。

 ラジウム温泉にでも入ってこようっと。

  ↑↑我家のお風呂はこれを愛用しています♪超おすすめ!


 まだの方はポチッとよろしくお願いいたします〜!
  ・・→ 人気blogランキング 

 ▼妙慎のFacebookベージはこちらです。
  お暇なときに覗いてみてください。

  Facebookをご利用の皆様、
  各記事の最後↓↓に「いいね!」ボタンがありますので
  よろしければクリックしていただけると嬉しいです。

 ▼スパムメール対策とメール未着防止のため、
  
連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
  今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
  妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
  フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
  
携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、
こちらからお願いいたします。

 ▼旅ブログ
Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  妙慎ピグは、ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。

 ▼
Twitter(ツイッター)やってます〜。
   参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
   気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   
こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   
妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【
尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  
峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージは
こちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  
鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


何かを身に着けたいならば・・・

【妙慎からのお知らせ】

妙慎法談〜きざはし〜ご購読者の皆様へ
 1日に2月号をお送りいたしました。
 もしまだ届いていない方がいらっしゃいましたら
 お手数ですが、下記よりご連絡ください。
 また妙慎法談はできるだけ保存しておくことをおすすめいたします。
 ※PCの方はこちらから・・
 ※携帯の方はこちらから・・

●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

何かを身につけたいならば、
お手本通りにマネをしてみることです。

ようするに頭で覚えようとするのではなく、
行動して身体に覚えさせる、
または経験するということです。

何かを身につけるには、
これが一番の近道なのですが、
実際に実行している人は、
以外と少ないように思います。

たとえば、良い話を聞いたとき、
なるほどな〜言い話だ・・と思っても、
行動しなければすぐに忘れてしまいます。

行動する前に忘れてしまうのですから
当然、何回同じ話を聞いても
身につけることはできませんよね?

見て、聞いて、それでわかったつもりになるのではなく、
実際に行動して心と身体で経験し、覚えさせなきゃ、
先に進み、成長することは難しいと思うのです。

何かを身につけたいと思ったときには、
いい話だな〜で終わらせたり、
表面をサラッと知っただけでわかったつもりになるのではなく、
実際に行動してみることをおすすめします。



【妙慎のつぶやきは、↓↓へスクロール♪】
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

※このブログではお話できない詳しい内容については、
妙慎法談〜きざはし〜でご紹介させていただいております。

・ご神仏様、ご先祖様をはじめ見えない世界との関わりかた
・運勢アップのポイント
・心の学び
・人生をよりよくするための思考法etc
もっと詳しく知りたい方は、妙慎法談〜きざはし〜へご参加下さい。

新規でご参加いただきました方には、
この妙慎法談〜きざはし〜活用方法等について、
私が直接お話させていただくことも可能です。

ご希望の方は、お申込み時に「ガイダンス希望」と明記してください。
(必ずスカイプまたは電話のどちらかも合わせて明記して下さい)

また現在、ご購読いただいている方の中で
ガイダンスを希望される方がいらっしゃいましたら
下記よりその旨、ご連絡下さい。
(ガイダンスにかかるお時間は30分程度です)
 ※PCの方はこちらから・・
 ※携帯の方はこちらから・・

ご都合のよい日時を第3希望くらいまで
明記していただけると助かります。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー
【妙慎のつぶやき】

 今日はあっさり、サラッと書いてみました。

 ちょっと気分をかえて、ショートバージョンもいいかな?と
 思っただけなのですが・・。

 それから旅ブログ、久しぶりにちょっとだけ更新しました。
 お暇なときに覗いてみてくださいね。
 
 ▼まだの方はポチッとよろしくお願いいたします〜!
  ・・→ 人気blogランキング 

 ▼妙慎のFacebookベージはこちらです。
  Facebookをご利用の皆様、
  友達申請をお待ちしています〜♪
  それから各記事の最後↓↓に「いいね!」ボタンがありますので
  よろしければクリックしていただけると嬉しいです。

 ▼スパムメール対策とメール未着防止のため、
  連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
  今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
  妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
  フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
  携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、こちらからお願いいたします。

 ▼ちょっとだけ更新しました!Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  妙慎ピグは、ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。
  「運命館〜階〜ブログみてます」って添えてくれると嬉しいです。

 ▼Twitter(ツイッター)やってます〜。
   参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
   気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


一年のお礼参り

【妙慎からのお知らせ】

●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

気づいたらもう月末
・・っていうか、もう年末!!

今年もあと1日で終わる・・とは思えず、
正月気分になれない妙慎です。

毎年、年末らしさというか、
お正月の雰囲気というか・・を
感じなくなってきたのは私だけかしら?

今月は2012年の運勢鑑定業務が忙しく
なかなかブログを更新できなかったのにも関わらず、
まだ頭の中は2011年のままです。

早く切り替えないと!!

ところで、氏神様(鎮守様)へのお礼参りは
もう済まされましたか?

お礼参りとは、その地を守護している神様や
参拝させていただいたり
日頃お世話になっている神社仏閣などの
ご神仏様に今年一年のご守護またはお願い事等に
対するお礼にお伺いするというものです。

まだの方は、本日中に伺うようになさって下さい。

31日はご祭神様が天界へ一旦戻られるため
お留守になるところが多いからです。

毎年のことなので、
お礼参りは「12月に入って〜30日までの間」に
伺うものだと覚えておいてください。

また、他府県など遠い神社に今年参拝した方で
そこまでお礼参りに伺えないというような場合は、
氏神様(鎮守様)でお礼を申し上げた後、
伺えないその神社のお名前とお礼の言葉を
申し上げておきましょう。
(わかる範囲で住所も一緒に申し上げると更に良し)

その際、お伺いできないことに対する
お詫びを忘れずに申し上げてくださいね!

あちこちの神社仏閣に参拝なさった方は
それだけお伝えしなければなりませんから
紙に書き出しておくと良いでしょう。


それから最近は、角松やしめ縄、鏡餅など
お正月飾りを省くお宅が増えているようですが、
できるだけ飾るようにしてくださいね。

それぞれに意味がありますし、
大変縁起が良いものですから
喪中でないお宅はできるだけ飾ることをおすすめします。

『縁起の良いことは取り入れる、
縁起の悪いことはしない』

人生をより良いものにするためには
この考え方は必須です!

国によって当然様々なお正月飾りがあったり、
祝い方も違うと思いますが
日本で住んでいる方は
日本の習慣にできるだけ合わせた方が良いと思います。

その地や環境にあった形で
これまで続いてきたものですから
軽視しないようにしましょうね。

それでは、今年も一年ありがとうございました。

来年はもう少しブログを更新できるよう
がんばりますので、また遊びにきてくださいね。

皆様、良いお年をお迎えください。 し〜ゆ〜


 ※お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。
    ・・→ 人気blogランキング
   今年もポチッとクリックしていただき、ありがとうございました!
   来年もどうぞよろしくお願いいたします。

【妙慎のつぶやき】は↓↓へスクロール♪

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

妙慎法談〜きざはし〜ご購読者の皆様へ

今年も1年お付き合いいただき
ありがとうございました。
来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

ところで、2012年1月号(1月1日配信)では、
「2012年の天意」について解説しております。

これをご覧いただければ、
どのような心構えで過ごせば
天運を味方につけられるのかが一目瞭然です。

天(天運)を味方につけて、またご神仏様
ご先祖様から更に強力なご守護がいただけるはずですので
しっかりご覧いただき、1年の指針となさってください。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

※このブログより詳しい内容については、
妙慎法談〜きざはし〜にてお話させていただいております。

新規でご参加いただきました方には、
この妙慎法談〜きざはし〜活用方法等について、
私が直接お話させていただくことも可能です。

ご希望の方は、お申込み時に「ガイダンス希望」と明記してください。
(必ずスカイプまたは電話のどちらかも合わせて明記して下さい)

また現在、ご購読いただいている方の中で
ガイダンスを希望される方がいらっしゃいましたら
下記よりその旨、ご連絡下さい。
(ガイダンスにかかるお時間は30分程度です)
 ※PCの方はこちらから・・
 ※携帯の方はこちらから・・

ご都合のよい日時を第3希望くらいまで
明記していただけると助かります。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー
【妙慎のつぶやき】

 今日、うちは「大祓祭」という行事があり、
 これが今年最後の仕事になります。

 「大祓祭」は、一年の厄落としの行事で、
 各地の神社でも行われています。

 お礼参りに伺った際に、参加できる方は
 ぜひ大祓を受けてきてくださいね。


 ▼妙慎のFacebookベージはこちらです。
  Facebookをご利用の皆様、
  友達申請をお待ちしています〜♪
  それから各記事の最後↓↓に「いいね!」ボタンがありますので
  よろしければクリックしていただけると嬉しいです。

 ▼スパムメール対策とメール未着防止のため、
  連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
  今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
  妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
  フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
  携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、こちらからお願いいたします。

 ▼こっちもよろしく!Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  妙慎ピグは、ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。
  「運命館〜階〜ブログみてます」って添えてくれると嬉しいです。

 ▼Twitter(ツイッター)やってます〜。
   参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
   気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


一般的に考えられているお祓いと供養との違い

【妙慎からのお知らせ】

お彼岸供養のお申込み受付中!本日締め切りです。
 お席が残り少ないですから、ご希望の方はお急ぎ下さいね。
 また、すでにお申込みいただきました皆様、
 ありがとうございました。
 ご供養終了後に、ご供養中の様子など
 ご報告メールを送らせていただきますので
 よろしくお願いいたします。
 
●スパムメール対策とメール未着防止のため、
 連絡フォーム(PC用)を利用することにしました。
 今後、各種供養、運命鑑定等についてのご質問やお問い合わせ、
 妙慎へのメッセージなど当方へのご連絡は
 フォームよりお送りいただきますようお願いいたします。
 携帯電話用フォームはこちら 

 ※運命鑑定のお申込みは、こちらからお願いいたします。

妙慎法談9月号をお送りいたしました。
 まだ届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが
 
こちらからご連絡いただきますようお願いいたします。

●あなたのワンポチッのお陰で、このブログと縁ができ
 悩みが解消された人、
 ご先祖様を大切しようと思うようになってくれた人
 神仏に対する心得違いに気付いてくれた人、
 心が楽になった人etc・・増えています。
 ブログランギングをポチッとクリックしてくれてるみなさま、
 本当にありがとう〜〜!!引き続きポチッとよろしくね。。
 ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

ドラえもんの中国語バージョンを見てみたら、
ドラえもんが早口でしゃべっていたのでびっくり!

その上、他の登場人物もみんな
早口でしゃべっていて、
かろうじてゆっくりなのはジャイアンだけ。

でもジャイアンの声は低くい上にこもった感じなので、
何を言っているのか聞き取りにくい・・・・。

私のもっていたドラえもんのイメージが
完全に書きかえられた気がします。(ーー;)

恐るべし中国ってことで、今日のお話です。


たとえば・・・

あなたが土地を持っていたとします。

そこは今は空き地にしてあるので
ときどきあなたは様子を見に行っていました。

ある日のこと、あなたが土地の様子を見にいくと
家がなく、行くあてもない人達があなたの所有する土地で
勝手に生活しているではありませんか!

あなたはその人達に、ここは私の土地だから
すぐに出て行くように言いました。

しかし、その人達は他に行くところがないので
そこに居座ろうとします。

しかたなくあなたは、警察を呼んで事情を話、
退去してもらうよう再度説得しますが
相変わらず聞き入れてくれません。

困ったあなたは、次の2つのパターンのうち
どちらか一方を選びました。

さてあなたはどちらを選びますか?

※Aパターン
度々説得しても応じてくれないため
あなたはしかたなく法的手段をもって強制的に退去させました。

※Bパターン
話を聞いてみると、仕事がなく、
行くところもなくて困っているとのこと。

そこであなたは、面倒だとわかりつつも
その人達を不憫に思い、
警察や専門機関と相談した上で、
移転先を見つけ、そちらへ移り住み
生活できるように道をつくってあげました。


上記、どちらかのパターンを選んでいただけましたか?

では、あなたのとった行動のあと
どうなったか続きを見てみましょう。。

※Aパターン
追い出された人達は、
あなたに逆恨みをして、その土地の近隣に居座り、
いつまでもあなたの土地から離れていこうとしません。

ずっとあなたの土地ばかり見ています。
また、時折あなたの目を盗んで、住みつこうとしてきます。

あなたはその土地の番をするわけにはいかず
しかたなく見張り役をおくことにしました。

※Bパターン
困っていた人達は、あなたにお礼をいって
気分良く退去してくれ、一件落着しました。

お話はここまでです。

この話の内容は、ちょっと飛躍しすぎているのですが
そこはツッコまないでください。

さてあなたはAパターン
またはBパターンのどちらを選択したでしょうか?

この2つのパターンしかないとすると
ほとんどの方がBパターンを選択したのではないでしょうか?

Aパターンの場合、逆恨みされた上に、
今後は嫌がらせをされることも考えられますよね?

Bパターンの場合は、ちょっと面倒かもしれませんが
結果的にあなたが人助けしたことになって
相手も喜んであなたに感謝してくれました。

このお話、実は“世間一般的に考えられている単なるお祓い”というものと、
“供養”との違いをお話したくて考えたものです。

違いをわかりやすくお話したかったので
極端なたとえ話になってしまったのですが、
そこのところはご了承くださいね。

で、
Aパターンのポイントとなる部分は、
その場から無理やり追い出すということと、
その為に逆恨みや嫌がらせのような行動が起こるかも?という点です。

Bパターンのポイントとなる部分は、
行くべき場所に行けるよう、手助けしてあげるという点と
喜んで退去してくれたという点です。

Aパターンは、世間一般的に考えられている単なる“お祓い”を示し、
Bパターンは“供養”というものを示しています。

私が霊的な作用を受けている人や家に
“お祓い”をおすすめしないで
御祈祷をおすすめするのは、
“供養”をしてほしいからなのです。
(供養のための御祈祷という意味です)


世間一般的に考えられている単なる“お祓い”というものは、
この場(人)から悪いものを離すこと、
すなわち嫌なものは排除する・・という考えがあると思います。

しかし、それではその場(人)から離れても
また本人に戻ってしまうか、他の人についてしまうかもしれません。

また霊的な存在であれば、逆恨みされる可能性大です。

ですから、世間一般的に考えられている単なる“お祓い”というものは
おすすめしないようにしています。

自他共に救われる・・と考え、
行くべき場所がない人達を、行くべき場所に送りだしてあげるほうが
自分は徳積みになりますし、相手は喜んでくれますから
両方にとってプラスになりますよね。


もしあなたが今後何かあって
「お祓いを受けようかな?」と思うようなことがありましたら、
まずは御祈祷で供養(寺院)をしてみて、
それでもだめなら“お祓い”を(神社等)という
順序で行うのが良いと、覚えておいてください。

その際、御祈祷にもいろいろと種類がありますので
念の為に受けられる前に“今から受ける御祈祷は、
供養になるかどうか”を確認してみてください。

(“供養”というものは、基本的に仏教にしかありませんから、
 御祈祷を受ける場合は神社ではなくお寺になります)

私が知る限りでは、日蓮宗の寺院で行われている御祈祷は、
“法華経を用いた供養”になるはずですから良いと思います。

ちなみに私の場合は、
一般的な霊障を除霊する程度であれば、
ご相談者と鑑定中にお話しながらすすめますので
よほどでない限り、御祈祷をおすすめすることはありません。


今日は世間一般的に考えられている単なる“お祓い”と
“供養”の違い、また、なぜ私が“お祓い”ではなく
“御祈祷(供養)”をおすすめするのかというお話をさせていただきました。

何となくご理解いただけましたでしょうか?

ついでに・・・
心の持ち方はあくまでも
“自他共に救われる道を選択する”という考え方の基本も
忘れないでくださいね。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

みなさま季節柄、ご自愛くださいね。

し〜ゆ〜


※お帰りの際、ポチッとしていただけると助かります。
    ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・ー

【妙慎のつぶやき】

 今日のお話は私が昔、ご祭神様から教わったことです。

 私が霊障にかかって苦しんでいるとき、
 悪いものを排除しようとする気持ちがあるうちは
 その苦しみから離れられない・・と言われました。
 (自他共に救われる道を・・と考えていなかったのです)

 また私が御祈祷をさせていただくときにも
 障りを起こしている相手をやっつけようとする心では
 意味がないことを教えられました。

 私のような仕事をしているわけでもないのに
 霊的な障りをうけやすい方は、
 昔の私と似た心得違いがあるのかもしれませんね・・。

 それから、話は変わりますが
 もし早口なドラえもんを見てみたい方がいらっしゃいましたら、
 YouTubeで↓下記の「」内をコピペして検索してみて下さい。
 「哆啦A夢_奇幻眼鏡rm.rmvb」

 私の見たものとは違うのですが、早口なのはわかると思います。(笑)
 ちなみに中国語でドラえもんは、「多啦A夢」と書きます。ぷぷぷ


 ▼こっちもよろしく!Myoshin-TABIblog」
  気分転換に覗いてみてね。
  引き続きピグ友募集中!ID 『unmeikan-kizahashi』で検索してね。
  「運命館〜階〜ブログみてます」って添えてくれると嬉しいです。

 ▼Twitter(ツイッター)やってます〜。
  参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
  気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  何て話かけたらいいの?って思われた方は
  「ブログ見てますよ〜」と一言でも大歓迎!

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』
  こちらからご覧いただけます。

 (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  峰絵佳物語をクリックすると2005年5月9日の記事が
  表示されます。これが物語のはじまりです。

  以降は、画面の右側にカレンダーが表示されますので、
  2005年5月10日、11日とカレンダーの日にちをクリックして
  ご覧ください。
   
 ▼妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 ▼申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 ▼このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


喪中のときの神社参拝法

□ 今年もポチッとよろしくお願いいたします〜。
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─
【妙慎からのお知ら せ】

妙慎法談〜階〜1月号を1日の午前中にお送りいたしました。
 もしまだ届いていない方がおられましたら、
 お手数ですがこちらからご連絡いただけますよう、お願いいたします。

●現在、運命鑑定以外の祈祷、祈願等につきましては

 受付しておりませんのでご了承ください。
 お問い合わせいただきましても、お返事できませんので
 宜しくお願いいたします。

●Yahoo!メールをお使いのみなさまへ
 当方よりお送りしたメールが「届かない」というお問い合わせが
 増えております。鑑定のご依頼をはじめとする当方へのご連絡等は、
 Yahoo!メール以外のメールアドレスをお知らせいただきますよう、
 ご協力をお願いいたします。
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

元旦の夜、奈良と岡山まで行ってきた妙慎です。
 
一晩で大阪から奈良、奈良から岡山へ移動し
2日の朝(今朝)、大阪に戻りました。(眠い・・・)
 
一晩でこれだけ移動したのは、久しぶりのような気が・・。
 
新年早々、こんなハードな生活だなんて
今年1年が思いやられます。。(>_<)
 
ところで、あなたはもう初詣には行かれましたか?
 
うちは喪中だから、ご挨拶に伺えないのだけど
行きたいな〜と思っている方はいませんか?
 
基本的には・・
 
もしあなたが喪中なら、
神社への初詣は控えられたほうがいいと思います。
 
でも、氏神様だけにはご挨拶させていただきたい・・とか
日頃、参拝させていただいている神社にだけでも
ご挨拶させていただきたい・・
思われる方もいらっしゃることでしょう。
 
そんなときは、神社の鳥居をくぐらず
鳥居の外から本殿のほうに向かって
年始のご挨拶をさせていただくといいです。
 
その場合、必ず「喪中のため、鳥居の外から失礼いたします」etc
なぜ本殿前に行けないのかという理由を
ちゃんとお伝えしてください。
 
また、この方法であれば
氏神様以外の神社でも有効です。
 
なので、あなたが日頃伺っている神社があれば
そちらでこのように行ってもいいですし、
たとえば、ツアー旅行などで
神社参拝をしなければならない場合など
この方法でご挨拶ください。
 
この方法は、あくまでも神社だけで
お寺は喪中であっても関係なくご参拝いただけます。
 
喪中であっても神社の神様へのご挨拶をかかしたくないという
心ある方は、ぜひお試しくださいね。
 
 
余談ですが・・・
 
鳥居の外からご挨拶なさっても、本殿の前でご挨拶なさっても
その人の心が正しければ、ちゃんと神様はお受け取りくださいます。
 
当然ですが、面倒だから・・
時間がないから・・etc、自分都合で
鳥居の前からご挨拶を・・・という心ではNGです。。


同じ行動でもその心や条件が違えば
まったく違ってきますので、気をつけてくださいね。

それでは、今日のところはこの辺で。
 
またお会いしましょう〜。し〜ゆ〜

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

【妙慎のつぶやき】

  今年は昨年より、このブログが更新できるといいな〜。

   
 ▼運命館〜階〜共々、どうぞよろしくね。
   開運ショップ Magnolia  

   ↑↑※只今お正月休みをいただいておりす。
   ご注文、お問い合わせのお返事は
   もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

 ▼Twitter(ツイッター)やってます〜。
  参加されている方、フォローよろしくお願いいたします♪
  気軽に話かけてくれると、とっても嬉しいです。
  何て話かけたらいいの?って思われた方は
  「ブログ見てますよ〜」と一言でも大歓迎!

 ▼まだの方はポチッとクリックして帰ってくれると嬉しいです〜。(^v^)
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
   こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方は
   妙慎法談〜きざはし〜へご参加ください。
   
 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・(只今、配信お休み中)
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
   【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜(平日・日刊)


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 □波乱万丈な私の過去を綴った峰絵佳物語は、
  こちらからご覧いただけます。


  (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  上記URLをクリックして2005年5月9日の
  お話をご覧いただいた後、記事の上に小さく年月日が
  横向きに表示されています。


  その数字の中から「10」をクリックしていただくと
  お話の続きがご覧いただけます。


  同じ手順で「11」「12」とクリックして
  読み進めてください。
 
 □妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 


 □申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。


 □このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


理解を深める裏側からの勉強法!

□ 今日もポチッとよろしくお願いしま〜〜す。↓↓
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─
【妙慎からのお知らせ】

●本日で早割での受付は終了です。お忘れになっていた方はお急ぎくださいね!
 『2010年あなたの運勢鑑定★早割』

●Yahoo!メールをお使いのみなさまへ
 当方よりお送りしたメールが「届かない」というお問い合わせが
 増えております。
 鑑定のご依頼をはじめとする当方へのご連絡等は、Yahoo!メール以外の
 メールアドレスをお知らせいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─

またまたとっても久しぶりの更新になってしまいました。
今「2010年あなたの運勢鑑定」のご予約がいっぱいなため、
気になりつつも、記事をゆっくり書けないでいました。

いつも遊びに来てくれているみなさま&ランキングにクリックして
くれているみなさま、本当にありがとうございます。心から感謝です!

ところで今日は、ちょっぴり変わった勉強法?をお話いたします。

ちょうど今、ずっと以前から欲しかった古書が手に入り、
勉強しはじめたところなのですが・・・

ふと、これってブログでご紹介したら
役に立つ人がいるんじゃないかと思いました。

ずっとずっと以前にお話したかもしれないのですが、
書いた本人である私もどうだったか覚えていないので、
書かなかったことにしてお話しますね。


たとえば・・
よくビジネスや投資などの勉強をする場合、
上手くいく方法というか、正攻法というか、
表側から?正面から?勉強していく人が多いと思います。

ですから、成功事例やうまくいった話、
またうまくいくための方法といったものに人は集まります。

私の場合はこの逆で、裏から勉強していくのです。

裏から勉強するとは、上手くいったことや
結果を出せた方法を知ろうとするのではなく、
失敗事例やその物事の裏事情、陰の部分を
先に知るということです。

まったく無知な状態から、基礎的な知識を得たところで
裏側からその物事を調べていくのです。

こうすると、多くの人が犯す間違いに気づけますし、
自分が失敗したときにどういう対処法があるかetcが
見えてきます。

これを知った上で、うまくいった方法を見てみると
理解が更に深まり、納得できることが増えます。


人生において大切なことは、単にうまくいった方法を知っていて、
そのことがうまくできるということより、
失敗したとき、自分がどう考えて行動できるかということなのです。

一度失敗しただけで、へこたれてしまうようではいけません。

人間は、失敗の数だけ物事をよく知ることができます。

失敗すればするほど、次第に度胸もすわってきますし、
“世の中”に精通して、人間的にも奥行きがでてきます。

しかし、現在、深刻な問題を抱えていて
失敗している時間や費用がない人もいることでしょう・・・。

そうした方には、裏側からの勉強法は大変おすすめな方法です。


ただ、この方法を使う場合、ひとつだけ注意が必要です。

それは何かというと、裏側から勉強すると失敗事例をたくさん
見てしまうため、自信を無くしたり、心が動揺したり、冷めた感覚になったり、
怖くなったり、またネガティブな思考になってしまう可能性があるということです。

ですので、こんな風にならないよう、気をつけてください。

あくまでも何の目的でそれを見ているのか・・という点を
忘れないでください。

それでは、また近いうちにお逢いしましょう。

風邪やインフルエンザには、くれぐれも気を付けくださいね。

し〜ゆ〜♪

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

【妙慎のつぶやき】

 四柱推命をはじめ占いや運命学を勉強している人で
 腕を上げたいと思っている人は、
 基本的な用語と意味が何となくわかるようになったら
 現在学んでいるものより古い時代に書かれた書物で
 勉強してみてください。

 各流派では教えていないようなパターンや
 例外パターンなども理解できるようになると思いますし、
 より一層、理解が深まりますよ。

 ▼本日で早割での受付は終了です。
  お忘れになっていた方はお急ぎくださいね!
  『2010年あなたの運勢鑑定★早割』

 ▼まだの方はポチッとクリックして帰ってくれると嬉しいです〜。(^v^)
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
  こちらからお願い致します。


 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方はこちらへご参加ください。
   ミョウシンホウダン 


 ▼今日という日を前向きに過ごして欲しい・・
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
  【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜】(平日・日刊)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 □波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』は、
  こちらからご覧いただけます。

  (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  上記URLをクリックして2005年5月9日の
  お話をご覧いただいた後、記事の上に小さく年月日が
  横向きに表示されています。

  その数字の中から「10」をクリックしていただくと
  お話の続きがご覧いただけます。

  同じ手順で「11」「12」とクリックして
  読み進めてください。

  
 □妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 □申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 □このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


法華経・3

□今日もポチッとお願いしま〜す!
 ・・→ 人気blogランキング


今日は法華経第十五・第十七〜第二十七までをご紹介したいと思います。

かなり長くなりますので、お時間のあるときにご覧ください。

いよいよ試験が近づいてきましたので、
自室にこもって最後の仕上げをしたいと思います。

もう半分開き直っていますが、
とりあえずダメ元でがんばってみます。。(>_<)


 注)ネットで調べたら、私の書いていることと違うんじゃない?と
    思うところがみつかるはずです。
    仏教の教えというものは、これが正解!なんてものはなく
    さまざまに解釈されているため、どれも正解なのです。
    ですので、柔軟に受け止めてくださいね。



  ■本日、勉強する範囲   
|┃ ---------------------------------------------------------------
|┃ ● 妙法蓮華経従地湧出品第十五
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経分別功徳品第十七
|┃ ● 妙法蓮華経随喜功徳品第十八
|┃ ● 妙法蓮華経法師功徳品第十九
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十
|┃ ● 妙法蓮華経如来神力品第二十一
|┃ ● 妙法蓮華経矚累品第二十二
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経薬王菩薩本事品第二十三
|┃ ● 妙法蓮華経妙音菩薩品第二十四
|┃ ● 妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経陀羅尼品第二十六
|┃ ● 妙法蓮華経妙荘厳王本事品第二十七
|┃ ● 妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八
|┃ ---------------------------------------------------------------


 (法師品第十から安楽行品第十四までは、法華経を広める方法について説かれていました)


妙法蓮華経従地湧出品第十五 (じゅうじゆじゅつほん)

 他の世界から無数の菩薩がこられ、法華経を広めようと申し出ましたが、お釈迦さま
 は、それには及ばないと申し出を断ります。

 この娑婆世界にも、法華経を広めようとする菩薩たちが多く存在するからです。

 すると突然大地が震動し大きく二つに裂け、そこから数えきれないほどの菩薩が湧き
 出てこられたのです。どの菩薩も気高いお姿をされています。

 それをみた弥勒菩薩が、お釈迦さまに菩薩たちの由緒を尋ねられると、お釈迦さまは
 自分がさとりへと導いてきた菩薩だとお答になりました。

 「成仏されてわずか四十年の間に、こんなに大勢の菩薩をどうやってさとりに導かれ
 たのですか?」と弥勒菩薩が問うと、お釈迦さまこうお答になられました。

  ※答えは「如来寿量品第十六・良医治子の喩え」の冒頭の言葉になります。


   
妙法蓮華経分別功徳品第十七 (ふんべつくどくほん)

 お釈迦さまはこう話されました。

 「今までの説法を聞いたものは、愚かな執着を捨て、さとりへの道を求め続ける力が得られたはずです。

 天からは音楽が鳴り響き、花が舞い落ちてきましたが、これも仏の永遠の命を信じればこそなのです。

 これはどんなに修行を重ねることより大切なことでしょう。

 法華経を聞き、読み、唱えること。

 またこれを書き写し、他の人にも書き写させて、世に広めなさい。

 一心にこの経を信じれば、仏がそば近くに現れてさとりの世界へと誘うでしょう。」




妙法蓮華経随喜功徳品第十八 (ずいきくどくほん)

 私の入滅後、この法華経を聞いて心からありがたいと喜んだ者は、その喜びを誰かに伝えたくなるでしょう。

 一人が別の人に話、順に伝わって五十番目の人にその喜びが届く。

 その功徳は、あらゆる人に慈悲のこころで八十年間財宝を施し続けた老人の功徳よりもはるかに尊い。

 ましてや一句でも法華経を聞いた者は、来世で恵まれた環境を得るでしょう。

 そして他の人を誘ってわずかでも法華経を一緒に聞き、その喜びを分かち合ったならば、
 さらにその功徳は増すでしょう。

 法華経は永遠の仏を体現するのです。



妙法蓮華経法師功徳品第十九 (ほっしくどくほん)

 お釈迦さまのお話を聞いていた常精進菩薩は、その功徳がどのように人の体に変化をもたらすのかを問いました。

 お釈迦様は、六つの感覚器官に美点があらわれること(六根清浄)を答えます。

 ・眼根清浄・・両親から与えられた肉眼で地獄から大宇宙の頂まで見渡すことができる

 ・耳根清浄・・地獄から大宇宙の頂までのほとんどの音を聞き分けることができる

 ・鼻根清浄・・この世のほとんどの匂いをかぎ分けられる

 ・舌根清浄・・すべての味がえもいわれぬように感じ、人の心を喜ばせる声を出すことができる。

 ・身根清浄・・磨かれた球のように清らかとなり、仏をそば近くに感じることができる

 ・意根清浄・・真理を体得し、物の道理や人の心の動きが理解できる

 これらが、法華経を得て、読み、唱え、理解し、書写することで得られる功徳です。



妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十 (じょうふきょうぼさつほん)

 ずっと昔、威音王如来という仏が入滅された後、その教えは衰え、思いあがった僧たちが、
 尊い仏法を軽んじる末法の世となりました。

 そこに、誰に対しても「私はあなたを尊敬します。それは未来には仏となられるからです」と
 頭を下げる菩薩がいました。

 説法をすることもなく、修行をすることもなく、ただひたすら常に頭を下げるばかり
 なので、他の僧からは軽蔑され常不軽(じょうふきょう・いつも軽くみられる者)と名付けられていました。

 また、別の人からは杖で叩かれたり、石を投げつけられたりもしましたが、この菩薩は同じ行為を続けました。

 この菩薩の命が尽きようとしたとき、天から法華経が流れ、その教えを瞬時に理解した菩薩は、
 六根清浄の功徳を以て、さらなる寿命を得、その寿命の続く限り、大勢の人々を正しい仏法へと導きました。

 そして寿命が尽きても別の世で生まれ、無数の仏と出会い、教えを受け、ついにさとりを得たのです。

 この常不軽菩薩こそ私の前世の姿です。

 また、常不軽菩薩をののしり石をぶつけた人々は、その報いを受けて、長い間地獄の苦しみを受けましたが、
 その罪を償って常不軽菩薩の慈悲の心で成仏の道が約束され、今、さとりへと導かれています。

 その人々は、この説法を聞いている者の中に存在します。

 法華経を護持し広めれば、必ずさとりへと到達できるでしょう。

 お釈迦さまは、こう明言されました。


 【ここまでのポイント】

 法師功徳品第十では、“法華経の功徳”についてあらわされていましたが、分別功徳品第十七・
 随喜功徳品第十八・法師功徳品第十九、常不軽菩薩品第二十では
 “法華経を広めることの功徳”がいかに大きいかを、具体的に表現されています。

 末法の世に法華経は迫害されるが、さとりへと到達するには不可欠であり、また、迫害した者は罪を受けつつも、
 将来は深く法華経と結びつき、さとりに至ることをあらわしています。

 このことが“すべての仏法の種”と法華経がいわれている由縁なのです。



妙法蓮華経如来神力品第二十一 (にょらいじんりきほん)

 大地から湧き出た菩薩たちは、法華経を護持し広めることをお釈迦さまに誓いました。
 お釈迦さまは、この経を譲渡す証として、偉大な神通力を示しました。

 それは、身体から無数の光を発し、宇宙を揺るがし、天からはお釈迦様を讃える歌声が聞こえ
 上空はお供え物でぐるりと覆われ、会座する者を始め全宇宙が一体となったような不思議な光景でした。

 そして、お釈迦さまはこう話されました。

 「このような神通力を有していても、法華経の功徳は説きつくせないほど深いのです。

  仏のすべての教えが凝縮された最高の経典だからです。唱え、覚え、書き写す者がいたら、
  そこに塔を建立しこの経を供養しなさい。

  そこは、さとりを得るには最高の道場となるでしょう」



妙法蓮華経矚累品第二十二 (ぞくるいほん)

 お釈迦様は、その場にいたすべての菩薩の頭を三度なでながら、果てしない歳月をかけて
 会得した法華経を託しましょう。

 この経を世に広め、人々を導きなさい・・とおっしゃいました。

 その教えを託された皆は、法華経の流布を誓いました。

 安心されたお釈迦さまは、宝塔から出られ、多宝如来をはじめとする如来、菩薩は、
 それぞれの世界へと戻って行かれました。

 説法の場も、虚空から再び霊鷲山に戻りました。

 【ポイント】

 ・お釈迦さまは入滅されても、永遠に存在し、どんな時にも姿を変えて私達の前に現れ、
  必ず救済の道をお示しになられることを示しています。

  同時に法華経は救済へと導く道しるべであり、世の人々に広めなくてはならないということが述べられています。



妙法蓮華経薬王菩薩本事品第二十三 (やくおうぼさつほんじほん)

 昔、日月浄明徳仏という法華経を説かれる仏がおられました。

 大勢の菩薩たちが修行に励む中で、一切衆生喜見菩薩という弟子は長い間、厳しい修行を行いつつ法華経を学び、
 神通力を身につけました。

 そして、師の恩に報いるために自らの体に火をつけて宇宙を赤々と照らし、延々と燃え続けたのでした。

 菩薩の体が燃え尽きた瞬間、再び、日月浄明徳仏の世に生れ変わった菩薩は、更に修行を重ねようと
 仏の元を訪れました。

 しかし、日月浄明徳仏は入れ替わるように入滅されたのです。

 そこで菩薩は、遺骨を各地に分配し塔を建て、ご供養の為に自らの両腕に火をつけました。

 両腕が燃えつきたとき、菩薩は完全なさとりを得て仏となることを誓い、もし誓いが正しければ、
 両腕を元に戻してほしいと天に向かって言い放ちました。

 すると天から花が降り注ぎ、菩薩の両腕は元に戻りました。

 法華経の真理の深さを知り、捨て身の供養を二度も行った一切衆生喜見菩薩こそ、薬王菩薩の前世の姿です。

 法華経の高邁さを知れば、生死の苦縛さえ解き放たれるのです。



妙法蓮華経妙音菩薩品第二十四 (みょうおんぼさつほん)

 お釈迦さまがここまで話されたとき、東方から妙音菩薩がやってこられました。

 法華経の説法が行われていることを知り、大勢の菩薩とともにこられたのです。

 妙音菩薩は前世で諸々の供養をされ、仏の教えを受けて神通力を身につけられました。

 そして法華経を説くためにあらゆる世界へ出かけ、さまざまに姿を変えて、生きとし生けるものすべてに
 法華経を説かれ、救済へと導かれるのでした。

 妙音菩薩と共にこられた菩薩たちは、お釈迦さまの説法を聞いて、何にでも変化できる神通力を身につけ、
 皆は喜んで東方へと戻られました。



妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五 (かんぜおんぼさつふもんほん)

 遥か西方からは、観世音菩薩がお越しになりました。この菩薩も神通力を持っており、 
 娑婆世界でさまざまに姿を変えては、衆生の困苦をお救いになられています。

 どのような困難な場にいても、観世音菩薩のお名前を唱えるだけで、その苦しみから救われます。

 この菩薩は、救済する相手に応じた姿で現れ、どんな困難にも恐れることなく人々に安穏な心をもたらしてくれます。

 神通力と慈悲のこころをお持ちの菩薩様なのです。

 【ここまでのポイント】

 ・薬王菩薩・妙音菩薩・観世音菩薩、それぞれが優れた神通力と広大な慈悲のこころを有する菩薩ですが、
  その菩薩たちでさえ慕うお釈迦さまの存在の偉大さが伺えます。

 ・観世音菩薩普門品は、「観音経」として広く知られているお経です。



妙法蓮華経陀羅尼品第二十六 (だらにほん)

 陀羅尼とは、悪を遮り善をもたらす力を持つ呪文です。

 法華経を広めようとする人々を擁護するために唱えます。

 薬王菩薩、勇施菩薩、毘沙門天、持国天が呪文をおくり、
 十羅刹女、鬼子母神は、法華経の流通を妨げる災いを取り除こうと誓われ、口々に呪文をおくりました。

 【ポイント】

 ・法華経を広める人々が神の強い呪力によって守護されていることが述べられています。
  この陀羅尼は、秘密の力を有するとして翻訳されず、音のみで伝えられました。



妙法蓮華経妙荘厳王本事品第二十七 (みょうしょうごんのうほんじほん)

 雲雷音宿王華智仏が教えを説かれている時代に、妙荘厳王はバラモン教を信仰していました。

 しかし、浄蔵・浄眼の二人の王子に導かれ、雲雷音宿王華智仏の元で法華経を聴聞してその素晴らしさの虜となり、
 出家して修行を重ね神通力を身につけました。

 妙荘厳王は今の華徳菩薩であり、二人の王子は薬王・薬上菩薩です。

 前世で善行を積んだ者は、来世ではさとりに導く機縁に巡りあうのです。

 この話を聞いていた人々は、汚れを除き真実を見極める心眼を持つようになりました。

 【ポイント】

 ・子供から教えられ、導かれてさとりを開く父の姿をもって、仏に出会うことも法華経を聞くことも、
  滅多にない難しいことであること。

  また、親子の上下に関係なく、互いに善知識となって導くことの大切さが説かれています。



妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八 (ふげんぼさつかんぱつほん)

 遥か東方より普賢菩薩がやってこられ、お釈迦さまの入滅後に法華経を得る方法を尋ねられました。

 そこでお釈迦様は、四つの方法を説かれました。

 第一に、修行に励み諸仏の守護を得ること
 第二に、善根を積むよう努力すること
 第三に、さとりに達するための道を求めようとすること
 第四に、一切衆生を救おうとする菩提心を持つこと

 これを聞いた普賢菩薩は、法華経を信じる者を必ず守護することを誓われました。

 お釈迦さまも、法華経を信奉する人には仏と同じ態度で接するよう述べ、霊鷲山での説法を聞いたものすべてが、
 一歩さとりに近づいたとおっしゃいました。

 ここに会座するものは、お釈迦さまの説法を聴聞できたことに感謝し、その言葉を胸に刻んで去っていきました。


 これで、法華経二十八品のご紹介は終わりです。


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

【妙慎のつぶやき】

 法華経序品第一から普賢菩薩勧発品第二十八までの大意を
 ダーーーッとご紹介しましたが、
 これは法華経の入口の入口です。

 なので、ここでご紹介した内容を読んで
 法華経をすべて理解したと勘違いしないでくださいね。
 
 それから法華経は以前から申し上げているように
 解説書を隅から隅まで読んで知っているから、
 もう学ぶことはない・・と、考えるような
 チッポケなものではありません。

 法華経は、あらゆる仏教経典の中で、
 最も難しく、体得できないものなのです。

 法華経をご家庭で読経されている方、法華経の本を読まれている方、
 法華経を写経している方、法華経をもっと学んでみようと思われた方、
 これを機会に法華経を読んでみようと思ってくださった方など
 法華経と縁あるすべてのみなさまに、
 より仏さまからのご守護・ご加護がいただけますようお祈りいたします。合掌


 ▼今日もちょっとがんばったので、みんなポチッとクリックしてちょーっ!(^^ゞ
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命は
こちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方はこちらへご参加ください。
   
  ミョウシンホウダン 


 □今日という日を前向きに過ごして欲しい・・
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
  【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜】(平日・日刊)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 □波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』は、
  こちらからご覧いただけます。

  (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  上記URLをクリックして2005年5月9日の
  お話をご覧いただいた後、記事の上に小さく年月日が
  横向きに表示されています。

  その数字の中から「10」をクリックしていただくと
  お話の続きがご覧いただけます。

  同じ手順で「11」「12」とクリックして
  読み進めてください。

  
 □妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 □申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 □このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


法華経・2

□ この間よりUPしました。ありがとう〜♪
  今日も法華経について解説しています。ポチッと応援よろしくです。
   ・・→ 人気blogランキング


今日も前回に引き続き『法華経』についてお勉強しましょう。

あっ、そうそう。

前回、前々回の記事を読んでメールを下さったみなさま、
ありがとうございました。とっても励みになりました〜〜。

で、お返事なんですが・・・

もうすぐ試験があり、今、追い込みがかかっていますので、
試験が終わってからご返信させていただきますね。

本当にごめんなさいです。。m(_ _)m

遅くなっても返信させていただきますので、
気長に待っててくださいね。


  注)ネットで調べたら、私の書いていることと違うんじゃない?と
    思うところがみつかるはずです。
    仏教の教えというものは、これが正解!なんてものはなく
    さまざまに解釈されているため、どれも正解なのです。
    ですので、柔軟に受け止めてくださいね。



  ■本日、勉強する範囲   
|┃ ---------------------------------------------------------------
|┃ ● 妙法蓮華経授記品第六 (弟子達への予言)
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経授学無学人記品第九 (皆が仏となるという予言)
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経第法師品第十 (法華経の功徳)
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経第見宝塔品第十一 (多宝塔の出現)
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経提婆達多品第十二 (悪人・女人成仏)
|┃
|┃ ● 妙法蓮華経勧持品第十三 (伝導への誓い)
|┃ ---------------------------------------------------------------



妙法蓮華経授記品第六 (じゅきほん)

 お釈迦様は、四大声聞に対して、それぞれが如来になることを予言し
 ました。

 須菩提(しゅぼだい)尊者は、名相(みょうそう)如来、
 迦旃延(かせんねん)尊者は、閻浮那提金光(えんぶなだいこんこう)如来、
 大迦葉(だいかしょう)尊者は、光明(こうみょう)如来、
 目連(もくれん)尊者は多摩羅跋栴檀香(たまらばつせんだんこう)如来となり、
 それぞれの仏国土で多くの弟子を導くだろう・・。

 【ポイント】

 授記品第六では、お釈迦様が声聞という立場の弟子達に、成仏への予言を
 された場面が表現されています。

 前回、ご紹介した比喩品第三、信解品第四、薬草喩品第五からこの授記品第六
 までは、段階を踏んでみ教えを説かれています。

 段階は次の通りです。

 ・正説・・み仏の説法
 ・領解・・説法を聞いて自分が理解したことを伝えること
 ・述成・・領解に誤りがないとみ仏が証明すること
 ・授記・・未来での成仏を予言すること



▼妙法蓮華経授学無学人記品第九 (じゅがくむがくにんきほん)

 お釈迦さまは、阿難尊者と羅睺羅尊者をはじめとする声聞達にも予言を与えました。

 それを聞いた菩薩達は、なぜ私達に予言を与えてくれないのかと不審がります。

 お釈迦さまは「阿難尊者とは前世において縁があり、そこで可能な限り多くの仏の
 教えを聞こうと努力した。そして未来においても努力を重ね、菩薩たちをさとりに
 導くので丈夫っするのです。だから予言を与えました。」と告げられました。

 そして、修学中の者や修行を終えた者、二千人にも、未来に仏になるとの予言を与
 えられました。

 【ポイント】

 誰もがすばらしい素質を持っており、その可能性に気づき、信じることの大切さと
 すべての者に仏となる未来があることを教えています。



▼妙法蓮華経法師品第十 (ほっしほん)

 ◎法華経の功徳について説かれているのが、この法師品第十です。
  
  日頃読経されている方、経本を読んでいる方、法華経を写経している方等、
  法華経に触れているみなさまに与えられる功徳が紹介されています。


 法華経の中の一句を聞いて少しでも喜びを覚えた人や口で唱える人は、
 必ずさとりを得られるでしょう。

 またこの経を世に広めたり、書き写したり、あがめ奉って香華を手向け
 たりする人は、完全にさとりを得ると保障しましょう。

 法華経を理解し人々に伝えようと努力する人は、人々の救済のために
 現れた人です。誰かのためにこの経を読み聞かせようとする人がいれば
 それは仏の使いです。

 そのような人には合掌し、尊敬の誠を捧げ、香華を手向けて供養を行い
 なさい。世の人を仏の道に導く人ですから。

 けれど、法華経は大変難しく、最も人に理解されにくいので、理解でき
 ない人達がこの経を軽んじて誹謗するでしょう。

 私の入滅後、この経で人々を正しく導いてほしい。経を書き写し、常に
 唱え、教えを説くのです。人々は仏の衣によって保護され、十方世界の
 諸仏によって温かく見守られるでしょう。

 また、この経に縁のある場所に塔を立てて供養しなさい。その塔に参拝
 して篤く敬うものは、さとりに導かれるでしょう。

 この経に関わりを持てない者は、菩薩の道に入るのは困難ですが、ひと
 たびこの経に耳を傾ければ、その人はさとりを開くことができるでしょう。

 水を求めて地面を掘るとき、乾いた土しか出なければ水が存在するかど
 うか怪しいけれど、湿った土がでたなら、水脈が近いと分かるものです。

 法華経を見知らぬ人は、自分が本当にさとりを得られるかどうかわから
 ないが、この経を聞き、意味を考え、修行する人はやがてさとりに到達
 できると分かるでしょう。

 法華経を広めようとする者は、仏の部屋で仏の衣を着て、仏の座に座って
 説かなくてはなりません。

 仏の部屋とは哀れみ慈しみの心(大慈悲心)、仏の衣とは心穏やかに衆生と
 接する態度(柔和忍辱)、仏の座とはすべては実態がないという空の思想(一
 切法空)をあらわします。

 このように努力する者がいる限り、私は神通力を使って人を集め、守護し、
 励まし助けましょう。

 【ポイント】

 さとりを得ることはあらゆる苦しみから脱することで、この上ない最上の
 幸福といえる状態をしめします。

 この法師品第十で示されている功徳は、日頃、法華経に触れられている方に
 は、ぜひ覚えておいてほしいと思います。



▼妙法蓮華経見宝塔品第十一 (けんほうとうほん)

 〜序品第一から法師品第十まで、霊鷲山という場所での説法でしたが、
  この見宝塔品第十一から舞台は虚空へと移ります。〜

 お釈迦さまが法師品第十のお話を終えられたとき、突然大地が轟き、
 巨大な塔が湧き出て、空中に現れました。

 この塔は、多宝如来という仏さまの塔です。多宝如来は昔、菩薩行を修めた
 時に「入滅後に自分の体を納める大宝塔を建立して、法華経を説く会座があ
 れば、この塔を出現させ、衆生を上空に招き、自らも説法を行おう」と誓わ
 れた仏さまです。

 お釈迦様は、眉間から光明を発して娑婆世界を一つの仏国土とし、無数の菩
 薩たちを集められました。

 そして、宝塔を開き、多宝如来と共に並んで座られたのです。

 その神々しさに、近くへ行きたいと願う人々も空中へと舞い上がり、説法の
 場は虚空へと移ったのです。

 【ポイント】

 多宝如来さまは、お釈迦様の説いている法華経が正しいことを証明された仏
 さまです。



▼妙法蓮華経提婆達多品第十二 (だいばだったほん)

 〜提婆達多(だいばだった)というのは人の名前で、お釈迦さまの従兄だとい
  われたり、法華経に登場する阿難(あなん)の兄であるといわれたりしています。
  
  一度はお釈迦さまの弟子になったのですが、お釈迦さまの命を狙う悪人となって
  しまった人です〜

 お釈迦さまは、提婆達多と自分の前世のことを語りはじめました。

 私はさとりを開くために阿私仙人(あしせんにん)に召使いとしてお仕えしながら、
 法華経を学び、仙人のお陰でさとりを得て仏となりました。

 その阿私仙人とは、提婆達多の前世の姿です。彼は、前世では私の師であり、未来
 では成仏し天王如来となるでしょう。

 現在はどんな境遇にあろうとも、来世には必ず救われるのです。

 続いて文殊菩薩が話し始めました。

 私は海底の竜王の竜宮で大勢の者を教え、導いておりました。

 その中でも、婆竭羅龍王(しゃからりゅうおう)の八歳の娘は、
 生まれながらにして完全な悟りに至る能力を持っていました。

 それを聞いた人々は、「そんなことは信じられない。そんな小さい子が・・」
 「しかも女性が成仏するなんて・・」と口々に言って、疑念を持ちました。

 すると人々の目の前に龍王の娘が現れ、あっという間に成仏してみせたのです。

 【ポイント】

 古来より女性は、五つの障りがあつて成仏できないといわれてきましたが、法華経は
 女性であっても成仏できることを教えてくれています。

 また、悪人も罪深く、成仏することが難しい存在です。

 しかし、提婆達多品第十二では悪人・女人ともに成仏することを示し、どのような
 人にも平等にさとりを得る機会があることを述べています。

 悪人と女性が同列にされていることに、気分を悪くする方もおられるかもしれません
 が、昔は、女性の地位が低かったため、いろいろな面で差別されてきました。
 そのような時代背景のためとご理解ください。



▼妙法蓮華経勧持品第十三 (かんじほん)

 これまでの説法を聞いていた菩薩や阿羅漢たちは、お釈迦さまがこの世から去った後、 
 どんなに迫害をうけようとも必ず法華経を護持し衆生へ広めようと誓いました。

 そして、養母である摩訶波闍波提比丘尼(まかはじゃはだいびくに)、かつての妻であ
 った耶輸陀羅比丘尼(やしゅたらびくに)をはじめとする比丘尼たちにも、お釈迦さま
 から成仏への予言が下され、ともに法華経を広めることを誓ったのでした。

 【ポイント】

 比丘尼(びくに)とは、女性の修行者・尼さんのことです。

 摩訶波闍波提比丘尼は、出家する前マハーパジャパティーという方で、お釈迦さまの
 養母であり、お釈迦さまの実母の妹にあたります。

 耶輸陀羅比丘尼は、出家する前ヤショーダラーという方で、お釈迦さまの奥さまで、
 お釈迦さまとヤショーダラーの間にはラーフラという男の子が一人生まれています。

 また、この勧持品第十三では、仏教を信奉する人や僧、高僧と仰がれる人までも、
 おごり高ぶりの心から迫害を加えるでしょうが、それに耐えて法華経を広めます・・と 
 菩薩達の忍耐の誓いが込められています。

 このお話の続きが、前回ご紹介した妙法蓮華経安楽行品第十四となります。


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

【妙慎のつぶやき】

  法華経パート2は、いかがだったでしょうか?
  少しは法華経に親しみを感じていただけたかしらん?

  今日は法華経の功徳についてもご紹介できてよかったです。

  いつもながら、誤字脱字があってもご勘弁くださいね〜。

  次回は、法華経を広めることの功徳について掲載したいと思います。

  試験まで日がないのですが、がんばります〜。(^_^;)


 ▼まだの方はポチッとクリックして帰ってくださいね〜。よろしく〜。(^v^)
   ・・→ 人気blogランキング

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 ▼妙慎へのお悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命はこちらからお願い致します。

 ▼もっと見えない世界と生き方について学びたい方はこちらへご参加ください。
   ミョウシンホウダン 
  携帯からご覧いただいている方は、フルブラウザで下記URLにアクセスして下さい。  http://www.myoshin.net/ 


 □今日という日を前向きに過ごして欲しい・・
   そんな願いを込めて毎朝お届けしています。
  【尼僧・妙慎〜ちょっとイイ話〜】(平日・日刊)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 □波乱万丈な私の過去を綴った『峰絵佳物語』は、
  こちらからご覧いただけます。

  (峰絵佳物語をはじめから読むには・・)
  
  上記URLをクリックして2005年5月9日の
  お話をご覧いただいた後、記事の上に小さく年月日が
  横向きに表示されています。

  その数字の中から「10」をクリックしていただくと
  お話の続きがご覧いただけます。

  同じ手順で「11」「12」とクリックして
  読み進めてください。

  
 □妙慎へのメッセージはこちらからお願いいたします。 

 □申し訳ありませんが、個人的なご相談は
  鑑定のご依頼という形でお願い致します。

 □このブログ内の掲載記事の全文及び一部の無断掲載、引用を禁じます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ビットコイン取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM